お問合せ
初回無料相談
アクセス
YouTube
「お知らせ」を受け取る
各カリキュラムのご予約

【12月23日(土)13時~開催】「心を病むお子さんを救う接し方」講座のご案内

お知らせ

本日は、
お子さんの心の病でお悩みの親御さんへの
わが子を救う接し方が分かる講座をご案内します。

 

ご案内チラシのダウンロードはこちらをクリック(PFDファイル)

「心を病むお子さんを救う接し方」講座に申込む

お子さんに対する親御さんの接し方に
こんな傾向はありませんか?

▼「はやくしなさい」と指示してしまう

▼「こうしたらいいんじゃない」と親の考え
を言ってしまう

▼「あなたはどうしたら良いと思ってるの」
と問い詰めてしまう

▼「頑張って学校に行きなさい」と上から
かぶせてしまう

▼「こうなって欲しい」という親の理想で
子どもを見てしまう

▼「自分の育て方のせいでこうなった」と
自分を責めてしまう

いかがでしょうか。

もし、この中に当てはまるものがあれば、
今回の講座を、お子さんへの接し方を考える
きっかけにしていただけます。

心を病むお子さんを回復させるポイントは、
「親御さんがお子さんにどう接していくか」
にあります。

「病で苦しむ姿を見ていると心が痛い」

「何とかしてやりたいが、どう接していいか
分からない」

「一日も早く治って元気になってほしいが
薬を飲んでいるだけで良くなるのだろうか」

「わが子の暴言や暴力にいつもおびえて
いる」

「家族そろって安心できる毎日を手にした
い」

このような、ひきこもりや不登校、
お子さんの心の病でお悩みに対し

この講座では、
どうして親御さんの接し方が大事なのか、
苦しむわが子にどう接すればいいのかを、

「なぜ心を病むのか」という心のしくみから
わかりやすく掘り下げながらお伝えしていき
ます。

6月から毎月開催してきたこの講座は、
今回が6回目となります。

これまでの講座に参加された方からは、
このようなご感想をいただいています。

▼「親が変わると子も変わるメカニズムが
よく分かりました。薬で対処しても再発する
道理も分かりました。
我が子に置き換えながら、これからの接し方を考えました。会話の話術とかハウツー論
ではない、深いお話しでした」(F.Hさま)

▼「小2の子供が、最近学校に行きたくない
と言い出しました。私は困ってしまいました。
その原因が、私や主人の幼少期や夫婦関係に
大きな影響があるとはビックリしました。
子供のためにも、旦那との関係を見直して
いきたいと思いました。」(K.Mさま)

▼「セミナーは、丁寧にわかりやすく理論を
解説いただいたので、ひきこもりの原因、
結果がよく理解できました。
なによりも子供の心の声を聴く大切さ、
寄り添う姿勢が大切だと実感できました」
(S.Sさま)

▼「自己肯定感が低く、自分を役立たずだと
責め続ける20歳の息子の心が楽になる方法
が知りたくて参加いたしました。
共感と希望が湧きました!」

▼「講師のお話が、最初から最後まで泣けて
泣けて拝聴しました。私の問題だったと
気づきました」

▼「たくさんの言葉が心に響きました。
『あなたがお子さんの現状を受け容れられ
ないのは、あなたが自分を受け容れられない
ことが原因』とお聞きし、ハッと我に返り
ました」

▼「大変なのは我が家だけだ、と思っていま
した。それでも回復できる、わたしもそう
なりたいと思いました」

いかがでしょうか。

「どうしたらいいかわからない」という
暗いトンネルの中にいるような状態の中で、

「こう接していったらいい」ということが
見えるだけでも、
希望を持つことができます。

接し方がわかる感動を体験して頂ける
2時間30分をご用意しています。

あなたのご参加をお待ちしています。

====================
「心を病むお子さんを救う接し方」講座

「接し方がわかる感動」を体験しませんか?
====================

【開催日程】

12月23日(土) 13時~15時30分

お子さんに対する親御さんの接し方に
こんな傾向はありませんか?

▼「はやくしなさい」と指示してしまう

▼「こうしたらいいんじゃない」と親の考え
を言ってしまう

▼「あなたはどうしたら良いと思ってるの」
と問い詰めてしまう

▼「頑張って学校に行きなさい」と上から
かぶせてしまう

▼「こうなって欲しい」という親の理想で
子どもを見てしまう

▼「自分の育て方のせいでこうなった」と
自分を責めてしまう

いかがでしょうか。

もし、この中に当てはまるものがあれば、
今回の講座を、お子さんへの接し方を考える
きっかけにしていただけます。

心を病むお子さんを回復させるポイントは、
「親御さんがお子さんにどう接していくか」
にあります。

「病で苦しむ姿を見ていると心が痛い」

「何とかしてやりたいが、どう接していいか
分からない」

「一日も早く治って元気になってほしいが
薬を飲んでいるだけで良くなるのだろうか」

「わが子の暴言や暴力にいつもおびえて
いる」

「家族そろって安心できる毎日を手にした
い」

このような、ひきこもりや不登校、
お子さんの心の病でお悩みに対し

この講座では、
どうして親御さんの接し方が大事なのか、
苦しむわが子にどう接すればいいのかを、

「なぜ心を病むのか」という心のしくみから
わかりやすく掘り下げながらお伝えしていき
ます。

6月から毎月開催してきたこの講座は、
今回が6回目となります。

これまでの講座に参加された方からは、
このようなご感想をいただいています。

▼「親が変わると子も変わるメカニズムが
よく分かりました。薬で対処しても再発する
道理も分かりました。
我が子に置き換えながら、これからの接し方を考えました。会話の話術とかハウツー論
ではない、深いお話しでした」(F.Hさま)

▼「小2の子供が、最近学校に行きたくない
と言い出しました。私は困ってしまいました。
その原因が、私や主人の幼少期や夫婦関係に
大きな影響があるとはビックリしました。
子供のためにも、旦那との関係を見直して
いきたいと思いました。」(K.Mさま)

▼「セミナーは、丁寧にわかりやすく理論を
解説いただいたので、ひきこもりの原因、
結果がよく理解できました。
なによりも子供の心の声を聴く大切さ、
寄り添う姿勢が大切だと実感できました」
(S.Sさま)

▼「自己肯定感が低く、自分を役立たずだと
責め続ける20歳の息子の心が楽になる方法
が知りたくて参加いたしました。
共感と希望が湧きました!」

▼「講師のお話が、最初から最後まで泣けて
泣けて拝聴しました。私の問題だったと
気づきました」

▼「たくさんの言葉が心に響きました。
『あなたがお子さんの現状を受け容れられ
ないのは、あなたが自分を受け容れられない
ことが原因』とお聞きし、ハッと我に返り
ました」

▼「大変なのは我が家だけだ、と思っていま
した。それでも回復できる、わたしもそう
なりたいと思いました」

いかがでしょうか。

「どうしたらいいかわからない」という
暗いトンネルの中にいるような状態の中で、

「こう接していったらいい」ということが
見えるだけでも、
希望を持つことができます。

接し方がわかる感動を体験して頂ける
2時間30分をご用意しています。

あなたのご参加をお待ちしています。

====================
「心を病むお子さんを救う接し方」講座

「接し方がわかる感動」を体験しませんか?
====================

「心を病むお子さんを救う接し方」講座に申込む

====================

【本講座の主催】

本講座は、YSこころのクリニック併設の
YSカウンセリングセンターが主催します。

お申込み後の受付完了のご案内メールは、
YSカウンセリングセンターよりお届けします。

【お問い合わせ】

本講座についてのお問い合わせは、
YSカウンセリングセンター
[メール] kaifuku@ys-method.jp
[TEL] 050-1807-2069
までお寄せください。

このご案内が、あなたと、あなたの愛する方々の
回復の力になることを願っています。

******************
≪ 転載・転送・拡散を歓迎します ≫
******************

この講座を、あなたのまわりにおられる
お子さんの心の病でお悩みのお知り合いに
ご紹介いただくことを歓迎いたします。

このご案内は、
ご自由に転送・転載・拡散していただいて
結構です。

また、この講座のご案内チラシを
HPにご用意しています。

下記のページからご自由にダウンロードして
まわりの方にお渡しいただけます。

ご案内チラシのダウンロードはこちらをクリック(PFDファイル)

関連記事

  1. 症例報告⑭家族 高校生 うつ 不登校 ひきこもり 希死念慮 夫婦関係

  2. 症例報告⑬家族 夫のうつ

  3. 症例報告⑫家族 子どもの心の病

PAGE TOP