お客様の声

 

こちらではYSカウンセリングセンターでカウンセリングを受けられた相談者様の喜びの声を掲載しております。

 

うつ症状が無くなりました。

長野県 男性 N.S様

実感はあまりなかったのですが終わるころウツの症状が無いなと思いました。

こんなに晴れやかになるのは久しぶりです。笑顔もでました。

心が久しぶりに前向きになり、ばくぜんとした不安感がなくなり心がかろやかになりました。

私はカウンセリングというものを初めて受けました。最初は不安の方が大きかったですが、わらおもつかむ思いで受けました。終えるころにはウツの症状がなくなっているのに気づきました。色々な精神疾患でお悩みの方はぜひ一度のぞいてみて下さい。私も「もう治らないかもしれない」と思っていた一人です。

 

25年間苦しんできた摂食障害と重度のウツが完治、すべての人間関係が円満に。

長野県 女性 M.O様

19才の頃生きる意味を見失い食べられなくなり拒食症、過食症を繰り返してきました。

引きこもるようになり、うつ病も発症し自殺未遂を繰り返してきました。引きこもって何年も過食嘔吐しては自己嫌悪におちいり、毎晩死にたくなりました。

父は、おう吐物を捨てるため、家の周りにバックホーンで穴を掘ってくれ、母がスコップで土をかけ見えないようにしてくれていました。切なかったし申し訳なかったです。家の周りが悪臭で野良猫のたまり場になっていました。

結婚後も2人の子供が授かったものの、重度のうつで寝たきりに、母が代わりに子供たちの世話をしてくれて、私はほとんど動けませんでした。子供たちの世話もできない自分自身のことも、くつ下すらはくこともできないなんて、悲しくみじめで、横になりながらも自分を責めてばかり、生き地獄でした。

アパートから新しい家に越したものの、近所付き合いが上手くできず近所の目が怖くなり、生きることも怖くさらに引きこもっていきました。

もう死ぬしかないとスマホで死に方を調べていた時、ウツで出てきたカウンセリングセンターを見たら代表の方の体験談が心に響き、こんな私がと思いながら迷いに迷って電話しカウンセリングを受けてみました。

終わった後私の心は愛と感謝に満たされ、帰宅後主人が「トゲトゲしていたあなたが、まるくなった」と言ってくれて小5の子も私に近よりたくてたまらなかったようです。

受講前は「うざい」と思っていた家族が、こんなにもいとおしくてたまらなくなり、主人には感謝の気持ちでいっぱいになり、かけがえのない子供たちを毎日笑顔で抱きしめています。

ケンカしていた主人のお母さんとも仲なおりし良い関係になり、プライドの高かったお母さんが私に「ありがとう」と言ってくれています。もちろん私もお母さんにありがとうの感謝の気持ちが毎日尽きません。

幼少期に私を虐待していた母と、育児放棄していた父をずっと恨んでいたのですが、父母の所へ行き、今までしてもらってきたことの感謝の気持ちを伝えたら泣いて喜んでくれました。

今ではガンの母の最後を看取りたいと思っています。

毎日自然に愛と感謝の気持ちがとめどなくあふれてきていて、大嫌いだった自分に優しくなれ、摂食障害はまったく消えてなくなり、ウツだったことも 忘れて毎日パワフルに本当の自分を生きている幸福感を味わっています。

ご近所関係も良くなり、よいことずくめの毎日です。

うつ病を克服し仕事、パートナーとの関係、家族の人間関係が良好に

長野県 佐藤 信之 様

私は平成29年の春、仕事でつまずき、夫婦関係でつまずき、家庭環境でつまずきました。一気に襲ってきた問題になす術も無く、私の心は疲弊していきました。

そして間も無く鬱病を発症しました。人生で2度目の発症です。人生で築いてきたものがいっぺんに崩壊していく感覚でした。私にはこの崩壊していく人生を立て直す手立ては何もありませんでしたし何より心が完全に折れてしまいました。

 

 私の鬱病は急速に悪化していきました。

 

常に不安と恐怖に襲われ、思考能力や判断能力が徐々に失われていきました。夜寝る事が出来なくなり、食欲も無く味覚も徐々に失われていきました。トイレに行く事もお風呂に入ることもしたくありませんでした。最終的には感情が完全に無くなり、水を飲むことさえ溺れる感覚に襲われ飲まないようにしていました。

 

私が毎日考えていたことは

今日1日どうやり過ごそうかということ

この状態がいつまで続くのかということ

どこまで私は落ちて行くのだろうということ

何て役に立たない人間なんだということ

奇跡的に鬱病が治ったとしても何かのきっかけですぐ再発するだろうということ

3人の子供はいったいどうなってしまうのかということ

でした。

 

こんな思いが毎日かけ巡りながら何のきっかけも掴めないままもうすぐ冬が訪れようとしていました。

 

頭では何とかしなければいけないのは重々分かっていましたが心はどうにもなりませんでした。引きこもっていた私には時間だけはあったのでネットサーフィンをしながら鬱病の事を調べていました。ある時『カウンセリング』というキーワードで検索した時ある言葉が私の目に飛び込んできました。

 

『90日以内に90%の鬱病が治癒』のカウンセリング手法

 

こんな事が本当にあるのだろうか?

 

自分ではどうすることも出来なかったので、助けて欲しい・何とかして欲しいという100%他力本願な気持ちで電話を掛けました。が、電話は繋がりませんでした。電話を置いた私の頭に

『詐欺かもしれない。』という思いが浮かびました。そんな上手い話があるものか。

 

鬱の真っ只中にいる私はマイナスな思考しか浮かびません。

 

『やっぱりやめよう。電話は繋がらなくて良かったんだ。』

 

そんな事を考えていた時、折り返しの電話がなりました。誠実そうな声を聞いた私は誰にも話せなかった自分の心の内を話しました。ひと通り話し終わった後、先生から『大丈夫ですよ。』と言われ、藁をも掴む思いで車を走らせました。

当時の私には車で片道一時間半の道のりは非常に大変でした。不安と恐怖に支配されている上に思考能力や判断能力がありません。そしてなにより車を運転をしていると強烈な睡魔に襲われます。一瞬で意識が無くなる事が何度もありました。今振り返るとよく事故に合わなかったなと思います。

2回目のカウンセリングの時、先生から『2日間の集中ケアを受けると変わりますよ。』と言われ、すぐ受けることを決めました。

 

『この崩壊してしまった人生はもうどうしようもない。』

 

『ただ、、、生きていけるようるになりたい。』

 

『もう一度笑うという事を感じたい。』

 

その時の私の心境です。そんな状況ですから2日間の集中ケアを受けることに大きな不安もありました。でも他に手立てはありませんでしたからいちるの望みを頭で考えていました。

 

集中ケアの1日目、私は訳も分からず指示された作業を必死に取り組みました。が、何の変化も感じれないまま1日目は終了しました。ホテルの部屋に入り疲れ切ってベッドに横になりました。

 

『何かが起こって欲しい。』

 

『このトンネルを抜けるのはやっぱり無理なのか。』

 

『死ぬ勇気も無い。』

 

あまり寝れないまま2日目を迎えました。1日目同様、相変わらず指示された作業をこなしました。

実感が無いまま2日目も終わりを迎えようとしていた時、ふと我に帰りました。

 

『あれ!?』

 

うつの症状が無い!!

 

私は何が起こったのか全く理解出来ませんでしたがとにかく久々に味わった懐かしい感覚でした。人間としての感覚。

 

また味わう事が出来たんだ。本当に。

 

それから私はこの心のことを勉強したくなり、定期的に通うようになりました。

 

私の心はみるみる生気と喜びに満ちていきました。

 

そして約50日が経った時、完全に立ち直りました。というより生まれ変わったという表現の方が正しいかもしれません。

生まれて初めて心の底から幸せな気持ちになったことにより、自分が小さい頃から不安や恐怖をずっと抱えて生きてきたのだと初めて分かりました。 崩壊した私の人生は何も変わっていなかったのに心がこんなにも変わる事がとても不思議でした。

 

でもこの出来事には続きがありました。

 

私の心が変わって間もなくして崩壊した私の人生は思いもよらぬ方法で建て直されました。絶対に溶けなかった氷の塊がスーッと自然に溶けるように。まさに奇跡という言葉が一番しっくりときた出来事でした。仕事、パートナーとの関係、家庭環境、全てが以前より数段良くなりました。

 

鬱病を再発する心配は皆無となりました。

 

今回の体験を通して分かった事。私に起きた出来事は特別でも奇跡でもないということです。

 

誰にでも起きる出来事です。

 

誰ひとりとして例外なくです。

 

本当に誰ひとりとして例外はありません。

 

もしこのカウンセリングに出会っていなければ私は今も闇の世界に包まれていたはずです。

今どんなに雨が降っていようとも、

今どんなに嵐の真っ只中にいようとも、

その遥か上空には燦然と輝く太陽があります。そこに気付くだけでいいのです。

 

 

少しでも私と同じ体験をしている方の力になれることを願って。

鬱病による気分障害を克服し、半年振りに職場復帰します。

長野県 45歳 男性 A.H様

2年半前に長年の非正規雇用からやっと抜け出し、正規雇用として「品質保証」の職種に就く事が出来ました。

未経験の職種だった事もあり、ただひたすらに頑張ってきましたが、お客様の苦情対応はもちろん、他業務にも日々 追われ、ストレスもかなりたまってました。

又、短納期 案件ばかりだった為に休日も家で報告書や計画書作成等、 ストレスを引きずりながらも無理した結果、鬱病となり 心療内科へ行ったら即休職となりました。

しかし休んでいても毎日仕事の事ばかり考えてしまい、動悸やめまい、 不眠といった症状が続き悩んでいた時、初めてお世話になりました。

初回カウンセリングでは先生に素晴らしい言葉を頂き、あっという間に時が過ぎました。 行きはとても暗い気持ちでしたが、帰る頃には言葉では 言い表せない位に気分が晴れ渡り、同じ来た道中が「黄金の道」のように感じ、すがすがしい気分で帰る事ができました。 今後とも、何卒宜しくお願い致します。

東京駅より徒歩3分

お電話でのご予約・お問合せはこちら

03-5204-1941

受付時間 AM10:30〜PM6:00

休業日 土曜日・日曜日